IMG2.gif愛おしい完璧じゃない私の歌

 

私は完璧な歌を歌いたいと思ってきた

 

 

私の音域は少し低めで

歌が大好きなのに

音楽の教科書の歌も

アイドルの歌も高くて

うまく歌えなかった

 

コンサートではよく話すけれど

中学生の時に決めた「自分で作った歌を歌う」

その夢も音楽の先生から

「歌が下手」と言うようなことを言われ

私は人前で歌ってはいけないんだと思うようになった

 

それでも歌いたくて

諦められなくて

今年で27年、歌い続けている

 

 

歌いはじめてからも、時々言われてきた

「聴くに耐えない」

「こんなの歌じゃない」

「君には人を癒す力も励ます力もない」

そんな言葉に一々、傷ついて

できない自分、何がいけないんだ?

って自分を責めてきた

 

そんな否定的な言葉の何十倍も

「敦子さんの歌が好き」って言ってもらったり

子供達には「歌うまい!」って言ってもらったり

それはすごくすごく嬉しいし

励まされている

 

またただ責めるだけじゃなくて

努力もしてきた

 

だけどね

思うように歌えない

目指す感じにならない

 

完璧な歌を歌えるようになりたいよ

 

それはもっと良い歌を届けたいから

 

完璧なんてないのかもしれないけど

そこに近づきたいと

ずっと思い続けてきました

 

 

 

 

新しいCD『やさしい風』のコーラスをしてくれたhiromiさんは

私が憧れ続けた、完璧な歌を歌える人だと思います

 

今回4曲コーラスをしてもらったのですが

鳥肌ものでした


みんなが知ってるアーティストやアイドルのコーラスも

担当されてて

驚くぐらい、ささっと

しかもタイミングも音もばっちり

思う以上のコーラスを作って来られる方だそうです

 

 

そのhiromiさんが私の歌について

「どれも良い歌。心に響く。」

と言ってくれてると聞きました

 

私の歌、歌をお仕事にされてる方にも

そんなこと、言ってもらえるんだ

聴くに耐えなくないんだ

 

嬉しかった

本当に嬉しかったです

 

「職人的ボーカリストな私としては

コーラス参加でアーティスト様に喜んでいただけて、職人冥利につきます」

SNSにも書いていてくれました

 

そっか

音楽が好きなのは一緒

だけど真逆なところも持っていて

だから出会えた

 

憧れ続けたもの

それを持ってる人の言葉は大きい

ものすごく大きい

 

私は私でしかいられない

 

できないものはできない

私だからできることもある

 

私は私の歌を作り、歌い、表現していけばいいんだ

 

完璧じゃない私の歌が今

とても愛おしく思えますheart

 

 

hiromiさん

ブログにも書いてくれています

「とにかく楽しむ!これ大事」

 

 

***

 

 

17thCD.jpg

17thCD『やさしい風』

ご購入ページ

http://chumpeace.net/?pid=112036479  

 




IMG2.gif面白いバランス

先日のトラックダウンの時

「染矢さんみたいに柔軟性のある大人は珍しい」

そんな風に言ってもらって

すごく嬉しかった

 

 

ずっと探してたもの

出会えたんだから

素直にならないでどうする

 

飛び越えたくて

その方法が分らなくて

できない自分を責めた

 

もがいても

もがいても

自分ではできないことがある

そしたら、新しいことを

今までと違うことをするしかない

 

いっぱい失敗もしたから分る

何でも受け入れることが良い事ではない

この人

この方法

自分で信じられるものを選ぶ

 

そこは思いっきり

素直に

柔軟に

 

 

頑固とか素直じゃないとか

友人に言われたこともある

当時、落ち込んだけれど

それも悪いことじゃない

 

15年ぶりぐらいに連絡をとった

友人から「染ちゃんは、ぶれないね」

と言われ、それも嬉しかった

 

歌を続けること

良くなっていきたいこと

そこには頑固に

 

だけどその為の変化には

素直に

柔軟に

 

面白いバランス

 

 

今までを壊して

また再生して

 

だけど揺るぎないものもあって

 

やっぱり面白いバランス

 

自分の今までのやり方や考え方

大切にしてたものが

自分の目指すものとかけ離れていたことを

知るときの、あのなんて言葉にしたらいいか

分らない感覚

 

絶望?敗北?

なんだろう、上手い言葉が見つからない

 

でもその崩壊が、最近は心地よくもある

その先には今までと違う景色

成長という希望があるから

 




IMG2.gifかっこいいピアノ

染矢敦子

 

ギター弾けたらいいな

ギターかっこいいもんなあ

 

私はギターの音が大好き

 

でも、今まで弾いてこなかった

チャンスはあった

2度、ギターを貸してもらった

でも全くどうしていいか分らず

部屋に置いたままだった

 

習えば良かったのか

そこまでの情熱がなかったのか

それ以上があったからなのか

 

 

でも大好き

憧れている

無い物ねだりなのかな

 

 

そしてふと思う

ギターはかっこいい

ピアノはかっこよくないの?

 

そんなことないよね

かっこいいピアノもいっぱいある

 

私か

私の演奏がかっこよくない・・・

 

 

無いものに憧れるんじゃなくて

今あるもの

できること

 

私のケガした指では

きっとギターは弾けない

 

そっか、ピアノは弾ける

なんて有り難いんだ

 

今まで歌う為のピアノだったけど

かっこいいピアノ

弾けるようになりたいな

 

まずは探してみよう

かっこいいピアノ

 

どんなのが好きが

まずいろいろ聴いてみよう♪

 




IMG2.gif苦手なことはやめちゃおう

染矢敦子


私は声に対して劣等感がある

よく人権コンサートで話すけど
将来、自分の作った歌を歌うと決めた中学時代

音楽の先生に
歌が下手というようなことを言われたことがきっと始まり

音楽活動を続けるこの26年にも
それはまあ、きついことも言われてきた

その度に自分ってダメだなって思ってきたし
苦手なところを改善しようと
いろいろ調べたり、やってみたりもした

けどどうしても克服できない苦手がある


昨日レッスンの中で
その話になった時
先生がさらっと言った

「苦手なメロディは作らなきゃいいですよね
染矢さんは自分で作って歌う人なんだから」

え?
え?
ええええ〜〜〜!!

そ、そ、それでいいんですか?

あっ、そっか
それでいいのか

ものすごく驚いて
ものすごく心が軽くなったのです

そういうこと
きっともっとたくさん
あるんだろうな

いつの間にか「こうでなきゃ」って決めている

「人と違うから、個性なんですよね」と先生
そうだよなあ
言葉として知っていても
それを実際に自分の人生で生かすのは難しいなあ

努力することももちろん大事
そこから学ぶこともあるし
できた時の喜びは大きい

だからって、できないことを責めなくていい
できないことより
できることに目を向けた方がいい
そんな時もある

もうこの苦手で自分を責めるの
や〜め〜た
この苦手に時間と心を使うの
や〜め〜た

劣等感がスルスルって落ちて行った感じ

心が軽くなりました

 




IMG2.gifくるっと

あっ、今日、生まれた
そんな感覚になった日が数日前にありました


Singing is my life.
I was born to sing.

歌ってる時だけが
生きてると感じられる時だった

歌ってる自分が輝いていられればいい
歌のための日々でいい

そんなことを思っていたけれど
ふと思ったんです

歌うための人生ではなく
自分を許したり楽しんだり
誰かのためにもなる為に
歌があるんじゃないかと…

歌が中心ではなく
歌は一つのツール
だけどとてもとても大切なもの


くるっと自分の心が回転した感覚
生まれなおした、そんな感じ


不思議です
こんなことを思うなんて


歌のためになっているか
それが基準になっていて
無駄なことも省こうとしてきた

たぶん、歌で生きていくと決めて
時間や思いをそこに注がないといけないと思ったことと
「何の為に」という理由が行動には大切だと思ったから

それがないと成し遂げられない
手に入れられないものがあると思った

それはそうなのかもしれないけれど
そうではない場合もあって
人や時と場合にもよるのかもしれない


今まで越えられない壁と言うか
変えたいのに変えられないものがあった

違うことをしないと
自分のままではダメだと思っていたけど

 

自分自身に戻ることが

その壁を越えることになるのかもしれない

ふとそんなことを思う

 

これが正しかったと分るのは

また時間が経って

ふとした時なんだろうな

 




IMG2.gif歌を作り始めたきっかけ

IMG7_0014


自分に歌が作れると思ってなかった

詩を書くのは好きだったけど
曲なんて作れるわけないと思ってた

まだ十代の頃
バイトの雇い主の女性が
とてもかっこ良くて憧れていた
名前も漢字まで私と同じ
海外にもコンサートを見に行くくらい音楽好き

その彼女が言った言葉
「歌?作れるよ!簡単よ」
そして作ってみた1曲目から26年、310曲

面白いものだな
こんな短い言葉が人の人生を変える


そんな風に
さらっと誰かの背中を押してあげられる人に
私もなりたいと思うし

そうなんだ、やってみよう
ってすっと一歩踏み出せる人でありたいと思う
 




IMG2.gif大きな丸

0518-1


コンサートの後
海で写真を撮っていて
上を向いたら
太陽の周りに大きな輪っかが出来ていました

キレイ〜

『コンサート大成功!これでいいんだよ』

って、大きな丸をもらったような
そんな嬉しい気持ちになりました


0818-2


自信満々な訳ではないので

お客様の言葉や笑顔ももちろん
こんな自然の現象にも元気をもらえます


0518-3


体調が悪くて、なかなか治らなくて
気分が沈んでいってる時
テレビをつけると、アンパンマンをやっていて

「笑顔だよ!笑顔!
 僕は君の笑顔だ大好きなんだよ」

そんな台詞が流れました

あっ、そうだよね
笑顔♪

すぐに笑顔になって
気持ちも明るくなっていきました


0518-4


ふとした場所に
心を軽く、明るくしてくれるものがある

やっぱりこの世界は美しい


0518-5


私の歌や言葉も
そうであったらいいな


0518-6

 




IMG2.gif無駄を省くことと、無駄などないという考え方

CA0507_32


無駄を省く

人生に無駄なことはない

経験して思う
どっちも正しいんだ

反対に見えることもどちらも正しい

正しいってちょっと表現が違うかな
その時々で大切な考え方


歌を仕事にすると決めて優先順位を決めて
しなくなったことも多い
時間のほとんどを歌を作ることと
コンサートをすることに費やしたいと思ったし
そうでなければいけないと思っていた

無駄だと思ったからではないけれど
細かく一つ一つの音にこだわることよりも
溢れてくる言葉やメロディをどんどん歌にしていきたかったし
一つでもコンサートをたくさんしたいと思っていた

その為にたくさん人に会った時期もある


今は、あまり人にあわず
自分の音、細部を見つめることをしている

それはものすごい時間がかかることで
毎日、時間が全然足りないし思うようにできない
なかなかOKが出せず、毎日、繰り越し
でも新しい感動がたくさんある

本当は趣味の時期に、大好きすぎて
とにかくずっとしていることなのかもしれないけれど
私にはそれが今、来たみたい


はぶいたことがあるから今、呼んで頂くコンサートがある
だから順番はちょっとおかしくても、やっぱり無駄ではなかったと思う

基礎が大事
感覚や直感が大事
その両方も本当で、続ける間にはどっちの時期もあり
その両方を通らないと見えない世界もあるんだろう
今ならそう思う


手のケガをして、日常を丁寧に生きることも覚え
夫との暮らしの中で、遊びや気を抜く時間の大切さも知る


無駄を省く
人生に無駄などない

面白いな
対極にありそうなもの
どっちの考えも今の私を作っている
どっちも大事


さてと、今日も音に向き合おう






IMG2.gif歌や犬に誠実に

ライブカード5のコピー

先日コンサートをした公民館の主事さんからの驚きの言葉

「実は…染矢さんのコンサート見たことがあるんですよ
キレイな声だね、いつか呼びたいねって
その時にもらったしおりを大切に持っていたんです」

すっと机からそのしおりを出して見せてくれました
それがこのしおりです

嬉しすぎて、うるうるでした


その出会いの場所は、なんと星の花公園
福岡市と八女市
車で2時間ぐらいかかる場所です

ダリア祭りとおっしゃってたので
2011年のコンサートだと思います


旧ブログライブレポート
2012.5.3 星の花公園
2012.4.27 星の花公園

2011.10.23 星の花公園


この星の花公園のコンサートは
色々思うことも多く、いつかまた絶対歌いたい場所です

そして、この星の花公園のコンサートは苦い思い出もあるんです
「聞くに堪えない」と衝撃の一言を言われたんです

ある人には聞くに堪えない歌
ある人にはキレイで、また聴きたいと思う歌

あの日、大泣きをした私が救われていく想いです


最近こんな風に
数年前に一度コンサート見ていてとか
染矢敦子さんに任せてたら間違いないって聞いてますとか
染矢さんがいいです!とか言って頂いて
コンサートに呼んで頂くことがよくあります

そうなの?
私のコンサートってそうなの?
って自分ではよく分らないけど
そう言われる度に感激しています


人は十人十色だし
依存ってものがあるから
対象にするのは難しいけど
『歌や犬に誠実に』
それを心がけてれば人にも誠実なはず
そう思って
一つ一つのコンサートを大切に歌ってきました

それはもうしんどい時もたくさんあったけど
良かったな、続けてこれて良かったって思います

歌を好きでいてくれる方々
応援してくれる方々
呼んでくれる方々がいてくれたから
一人じゃなかったから

すごくすごく嬉しくて
これからも続ける力をもらいました

 




IMG2.gifまだ遊びたい

IMG_0983
Photo:コンサート直前、緊張からテンション上がって踊り出してる様子です


『まだ眠くな〜い
 もっと遊びたい』

夫に言った自分に驚きました

特に遊んだという一日でもなかったし
子供の頃にも言ったことのない言葉だったから


遊ぶこと
楽しむこと
とても苦手な私でした

べきと禁止
たくさんありました

もちろん人生には
しなきゃいけないことも
してはいけないこともあるんだけど

自分で勝手に決めた
べきと禁止を少し緩めました

自分で自分に罰を与えるような日々に
「楽しもう」と言う言葉を付け加えました

自分であることを
自分の人生を楽しもう


あっ、そうだ
・プロが本気で遊ぶ
・地球は遊び場
妙に心に響いた2つの言葉を
今、これを書きながら思い出しました
 

 

少しずつ、本当ゆっくりだけど
人って変わっていけるんですね

諦めなくて良かったって思います

全国に歌を届けに行く
その夢も一歩ずつ進んでいるかな

週末は初めての四国コンサート

出会いがあって
動いてくれる人がいて
今がある

有り難いです

**

いつもそばに 作詞作曲:染矢敦子

僕たちは幸せになるために生まれた

いつもそばにいたでしょう
いつも一人じゃなかったでしょう

寂しくなったら思い出してね
僕がいるよ
愛しているよ


ちょっと頑張って笑ってみよ
そしたら楽しくなるからさ

愛されたいなら気にしないこと
悩みすぎると苦しくなるよ


僕たちはどんな時も楽しんでいいんだ
明るく心軽くあなたらしくあればいい

いつもそばにいるでしょう
いつも一人じゃないでしょう

悲しくなったら空を見上げよう
あなたはいつも愛されてるよ

僕たちは幸せになるために生まれた
大丈夫 大丈夫
いつもそばにいるからね



3年前に作った歌だけど
今の自分にぴたっときます
 






1224_098a.jpg
うたびと 染矢敦子
・プロフィール
・ライブスケジュール




17th CD 『やさしい風』

17thCD.jpg

websiteバナーblog.jpg



44d3d283.jpg

youtube.png  Instagram.png  facebook.png  twitter.png


categories


archives


search this site.


others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM