IMG2.gif私の生まれ育った場所

IMG_0496

雨が降っていたので
夜はカエルの声がすごかった

昼間ぼーっとしていると
蝉の声
鳥の声
風や雨の音
自然の音だけが聞こえてくる

カメラをかまえると
蝶が写りこんでくる

さーっと風が吹くと
小雨と一緒に
ふわふわとしたものが舞い飛んでいく
タンポポの綿毛かな

晴れていたら
嘘みたいに奇麗な星空
鹿に会えることもある

ここで生まれ育った私
私の最初を作った場所
ここに生まれて良かったな


自然、動物、風、光のように
 そっといのちに寄り沿う歌

そうありたいと思った
それはいつもそばで
私のいのちに寄り沿ってくれていたからかな


テレビも音楽もクーラーもつけない
そんな家庭で育って良かったと今は思う
日々に疲れたら、その感じを思い出す
今の私の生活では欠かせないパソコンを少しの間、使わないようにして
植物や犬達に触れる
空を見上げる
思いついた歌を小さな声で歌う


どこにいても
どんな人生でも
良いことばかりじゃない
田舎の人間関係
家族と暮らすことの不自由
そういうものから逃げたかった
早く家を出たかった

だけど
私はここが
どんな場所より好きだ

私の生まれ育った場所
私の家族

ありがとうで胸がいっぱいになる


帰り際
父に抱きついて
お腹をポンポンする

母を抱きしめ
背中をさする

そんなこと、できる家族じゃなかったね
変わっていくものだね
それを微笑みながら見ている夫
あなたと出会ったから
こんな穏やかな親子でいれらるのかもしれないね

大好きです
いつも、ありがとう
また帰ります

 


IMG_0503
ピントがあってないのでわかりにくいけど、右下に写ってるのは大きなアゲハチョウです♪
 




IMG2.gifドラマの台詞に思う

ドラマの中の言葉
「娘と一緒に10年前に殺してくれればよかったのに」
怒りが込み上げてきました

じゃあ、じゃあ
この10年そばにいた人たちはどうなるの?

辛い10年と
今、耐えられない痛みの中
そんな言葉になったんだと思う
しかもドラマの台詞なんだけど

人は必ず誰かに支えられている
支えてくれた人
愛してくれた人
その人たちのことを考えたら
胸が痛くて、苦しくて
腹立たしくて…

そしてそれは自分への怒り

ごめんね、お母さん
とても時間が経ってからの後悔

私も自分のことしか考えられなくて
「私なんか生まなきゃ良かったのに」
って母に言ったことがあります
なんてひどいことを言ったんだろう

夫にも言ったことがあります
「私なんかいなくなればいいんだ」

本気で思ってる訳じゃない
感謝してる
生きたい
だけど苦しくて心が痛くて
ぶつけてしまった
ただの八つ当たり

私はそんなことを言われたことがなかったから
気づかなかった

ごめん、本当ごめん
愛してくれてる
私はずっと愛されてる

なにがあっても
変わらないものってあるんだよね
それを本当の愛って言うのかな

ダメな奴だな…私
だけどそんな私も今では愛おしい

ごめんね
ありがとね

私の中の変化
気づかせてくれたドラマ

この話もまたコンサートでしよう

0608-23

Photo:実家の愛犬ころです♪2011.6

記事を書き終えたら電話
母からでした。通じ合ってる〜

お野菜を送るよって電話
謝ろうと思ったけど
もうそれは言わず
「いつもありがとう」を伝えました♪

 




IMG2.gif特別なガジュマル

1004-09

写真のデータの年月で思い出しました

先日、書いたガジュマル君は
特別なガジュマル君でした

どん底だったと思う時期
「なんで生きなきゃいけないの」
そんな暗い気持ちで毎日、目覚める朝
「生きよう」
そう思えるまで無理矢理、気持ちを持ち上げ
なんとか生き抜いたあの時期

家族にも迷惑をかけました
当時、具合の良くなかった母を
守るためだったと今なら分るけど
父に言われた言葉
「家族を巻き込むな」
きついきつい一言でした

歌いはじめて20年の記念コンサート
それでも来てくれた父と母

簡単に壊れるもの
見えてしまった裏側
去って行った人
傷つけた大切な人
選び間違ったもの
弱り切った身体
折れた心
肯定できない自分自身

それでも消えなかった小さな光を支えになんとか立ち上がろうとしていた

そんな中で帰ったお正月の帰省の時に
母が買ってくれたガジュマルです

『幸せを呼ぶ木』
あなたが幸せであるように…

お互いの幸せを願い続ける母と娘

幸せにしたいなら
私がまず幸せでいよう

あの時、誓ったことは今
私の中にしっかり根付いています
そして母も最近、幸せそうなのです♪

あの日々があったから
そう思えること、人生にはありますね

 

 




IMG2.gif今年もありがとうございました♪

07年1231-02
Photo:実家でのいつかの大晦日 みんなで食べたケーキの一つです


夕方、実家に
今年の「ありがとう」を伝えようと電話をしました。

一通り、みんなと話をしたのですが
夕飯の準備をしながらだったので
雑に話をしたような気がして
母の携帯にすぐにかけ直しました。

「結婚して良かったよ。
お父さんとお母さんが
私とやっていける人はなかなかいないって
言ってたの、今なら分る気がするよ。
彼だから上手くいってると思うよ」

「あなたの良さはすぐには伝わらないからね〜
お父さんとお母さんは、それを心配してたんよ」

「え?」

(;゚ ロ゚ )ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!


ずっとずっと勘違いしてきました。
私が変わってたり、良くないとこがあるから
人とやっていけないと両親に言われたと思ってました。


過去が変わる瞬間

それは同時に
今と未来が明るくなる瞬間

夫と出会って
何度もあったそんな瞬間

結婚して良かったって本当に思います♪


あっ…除夜の鐘が聞こえてきました。

今年もあと少し
書きたいことはまだまだあるけど
それはまた来年に♪


みなさん!!
今年も一年
本当にありがとうございました☆

来年もどうぞ宜しくお願いします人´∀`).☆.。.:*
 

 




IMG2.gif父からの電話

20141130_45641

実家から届いた
しょうがと、かぼすで
ジンジャエールを作ってみました♪

かぼすって大分っぽいでしょ


父から先日、久々に電話がありました

嬉しくって秘めておこうかと思ったけど
忘れるのももったいないので
書くことにします


畑仕事をしながらラジオを聞いていたそうです

そしたら、私と似てる声、歌
歌の内容も同じようなシンガーソングライターが出ていたって
とても良かったって…

「この人は有名になっとるやろ
 有名になる人とそうじゃない人も大差ないな
 何か、きっかけとかだけなんやろうか」

そんな風なことを父は言っていました

歌を応援してくれることも
褒めてくれることもありません

「いつまで続けるのか」って怒られたことも
勘当同然だったこともあります

だけど、ちゃんと思ってくれてる
私の歌ちゃんと聴いててくれたんだ
嬉しくて涙がでました

不器用な父
何気にかっこいい父

いろいろ、いろいろあったけど
やっぱり私は父の娘なんだなって
思うことが増えました。

子供の頃言えなかった言葉
今なら言えるなあ

お父さん、大好き(*^^*)

 






prof.jpg

      



New Album やさしい風ダイジェスト
CD詳細ページ



だいじょうぶ だいじょうぶ


三輪車としっぽ


からださん、ありがとう




banaFUN2017 17.59.37.jpg


お問い合わせ.jpg
コンサート・講演会のご依頼
お問い合わせは、こちらからお願いします
音響機材、スタッフ同行可能です
お気軽にお問い合わせください



categories


archives


search this site.


Link

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM