染矢敦子ブログ Tender wind

歌 家族 犬 日々感じること

桜と祖母の短歌

久しぶりに祖母の短歌。桜や春の歌、子供を思う歌を。

公園の桜

優輝と公園に行って桜を撮ってきました

言葉に絶望しながらも、書いてしまう

言葉や作品は、誰かに届いた瞬間に別物になる。受け手の心を通すから。色で言うなら、ピンクのものが、水色を通り、紫色になるような。 毎日、絶望するんだ。ネットやテレビの言葉に。誰かの言葉に。 温かい交流、温かい言葉、美しい言葉を見ていたいんだ。…

尊敬する人

大好きな祖父を思って書いた、祖母の短歌と、私の歌。そして、まだ書きかけだけど、祖父と祖母を描いた絵です。