染矢敦子ブログ Tender wind

歌 家族 犬 日々感じること

電話をありがとう

f:id:chumpeace:20200316140936j:plain

 

電話をありがとう

 

毛布にくるまって

落ちる雫 見てた

ベルの音が現実に帰す

 

膝を抱えて受話器を握りしめる

懐かしい声 待ち続けた声

 

ねえ 話し方が変わったね

今 あなたのこと考えていた

 

突き放す優しさをくれたのに

忘れられなくてごめん

今日は電話をありがとう

 

 

冷たい言葉に何度も何度も泣いた

そばにいても遠い人だった

 

いつか本当の恋に出会える日まで

自分を大事にしろと言ってたね

 

ねえ あれは恋じゃなかったの?

まだ一人か?なんて聞かないで

 

天気予報 あなたの町の空を今も気にしてる

バカね

突き放す優しさをくれたのに

忘れられなくてごめん

今日は電話をありがとう

 

 

*歌詞メモ*

片思いしていた先輩が、卒業して遠くへ行ってしまった経験が元になってできた詩です。作詩:染矢敦子 作曲:池田進治

 

*収録CD*

1998年発売『うれしい時の顔』

f:id:chumpeace:20200316141157j:plain

 

 

コンサートで歌詞を読みたいと言っていただくこともあるので、歌詞一覧リストのページを作ってみました。スマホだったら、左上の三本線のメニューバーから。パソコンだったら、一番上の絵の下のメニューバーから見れます。

少しずつ増やしていきますね。

 

リクエストがあったら、コメントください(^-^)♪