染矢敦子ブログ Tender wind

歌 家族 犬 日々感じること

歌に関するエピソード

f:id:chumpeace:20190419132321j:plain

 

 

子供の頃のこと

 

まだ小さな子供の頃から、母に買ってもらった童謡のレコードをかけてよく聴いていました。遊びながら、勉強をしながら、車の中でも、いつも歌を歌っていました。物語や小説を読むのも好きで、詩や文章を書くもの大好きでした。

 

そして中学生の時、いつか自分の詩に曲をつけて歌うと決めました。そのすぐ後のことです。テスト98点、授業態度まじめ、それなのに音楽の通知表が3でした。理由を音楽の先生は「歌がちょっと…ね。」と言ったんです。

 

大好きな歌、だけど私は下手なんだ。それ以来、私は人前で歌うのが怖くなりました。それでも諦めきれず歌いはじめ、今があります。

 

経験したから、伝えられる。だから、あの時、傷ついて良かった。

 

「何を言われてもなりたいものになろう」

「自分の思いが一番、強いんだよ」  

 

好き!やってみたい! → やってみる → 続ける

 

それが大事。特に、子供たちにこの経験を語りたいです。

 

 

歌作りの始まり

 

詩を書いて歌えればいいと思っていました。自分に歌が作れるとは全く思っていなかったんです。

10代のあるとき、敦子さんと言う年上のステキな女性に会いました。「歌?!作れるよ。簡単よ。」その一言に、「できるかも!」すぐに信じてしまう私はやってみたんです。

やってみたら、できた。そんな、とってもあっさりとした、歌作りの始まり。

 

私もこんな風に、さらっと誰かの為になることを言える、かっこいい大人になりたいと思っています。

 

 

バンドから、シンガーソングライターへ 

 

最初はバンドでボーカルをしていました。
年上ばかりのバンドだったのもあり、卒業や思いの違いなどで私はいつもメンバーを探していました。それでも絶対諦めない私に、同級生の男の子が言った言葉「染矢は雑草女だ、踏まれても踏まれても枯れない」それはきっと今も変わらないんだろうと思います。

 

大分 → 山口 → 福岡にやってきても、やっぱりメンバー探しの日々です。楽器店に張り紙をして、やっと組んだバンド、最初のライブが決まった直後、ギターの人から電話がかかりました。「ごめ~ん、ライブの日、エアロスミスのコンサート観に行くんだった。ライブ出られない~」

 

歌いたくて仕方なかったことと、ライブをキャンセルしたくなかったこと。一ヶ月後のライブに向けて、キーボードを買って猛練習して、ステージに立ちました。


無謀で、演奏も歌もガタガタで、身体もブルブルで…キレイな花ではなかったけど、枯れなかった雑草。

大切なシンガーソングライターとしての始まりのエピソードです。