IMG2.gifEverything ♪ 歌詞

 

 

 

Everything

 

海の見える丘をあなたと歩いた

手もつなげないまま笑い合った

いつでも どんな時も

あなただけを見てた

 

こんな風に傷つけ合う日が来ること

思いもしなかった

いつでも いつまでも

一緒だと思ってた

 

あなたのために

何を失っても恐くなかった

あなたとならどんな場所でも

生きて行けると思ってた

 

カギを渡した時の顔を

今も覚えてる

はにかんだ笑顔

最初のキスは突然だった

あなたが私のすべてだった

 

 

笑ってる顔しか思い出せない

言い争った日もあった

泣き出すあなたを胸に

抱いた日もあったのに

 

揺るぎないものと穏やかさを持った

あなたに憧れた

あなたのようになりたい

それはきっと変わらない

 

嘘も隠し事も消したい過去もなかった

一番きれいな時期の私で良かった

 

生涯あなた一人しか知らなくていい

それが幸せだと思ってた

ねえ忘れないで

そして少し後悔して

私のすべてで愛したから

 

 

終わった映画のように

少しの余韻で忘れられたら

どんなに楽でしょう

長い春が終わる

多くをさらって

そして私は一人になった

 

あなたが私のすべてだった

 

 

***

 

 

弾き語りで歌ったことない恋の歌

たまにはこんな歌もどうでしょう?

 

今の染矢敦子にしては

らしくない歌かもだけどヤッタv

 

 




IMG2.gif年下の人

 

たまにはこんな恋の歌もハート

2003年に作った歌みたいです

(資料を見ると汗

 

 

裏切りに心を痛めて 変わらない日常に苛立って

上手く行かない現実を あなたのせいにして逃げたくなる

 

 

ここの歌詞、良いなって思います

 

もう絶対に書けない歌詞

読みながら、キュンとしたりしています

 

 

 

年下の人

 

爪の間の土がとれなくて

傷跡も残ってしまった

思い出さないように関わりを

すべて絶ったはずなのに

 

見つけた写真のあなたはあどけなく

破ることができずに泣いた

 

子供みたいな約束を

子供みたいに信じていた

体の割に大きな手が

私を守る

そう信じてた

 

 

裏切りに心を痛めて

変わらない日常に苛立って

上手く行かない現実を

あなたのせいにして

逃げたくなる

 

ベールをあげる真似をして

「誓いのくちづけ」あなたが言った

まっすぐキスをしたら

鼻がぶつかるねと笑い合った

 

残酷な思い出がいくつも

私の胸に突き刺さっている

優しさも終われば嘘になる

すべてを嘘にした別れの理由

 

いつか歳を重ねて

あなたがどれだけ

人を傷つけたか

気づくかな

気づいてくれたら

出会って良かったと思えるでしょう

 

 

***

「年下の人」は

去年のファンクラブ秋号で送りました♪

 

banaFUN2017 17.59.37.jpg

ファンクラブ チャムONEピース

春夏秋冬、歌と絵が届きますキラキラ

 

 




IMG2.gif瞬きの時

 

 

瞬きの時

 

どうして終わったんだろう

運命の出会い そう思ったのに

 

乾いた手のひらはもう

私に触れることはない

 

戻りたいなんて

思わないけど

 

鮮やかなブルーのシャツ

胸に向日葵の花

涙ぐむあなたの

可愛らしいその笑顔

胸に刻んで

これからの長い年月を

あなたと生きると決めた

瞬きの時

 

 

長く伸びた影のよう

細く掴めることなく

 

最初のその印象は

結末を物語っていた

 

思い出の品さえ

何もない

 

甘やかなレースの裾

指に透明なリング

繋いだ手と手に力を込めた

見つめる目と目に願いを込めた

「幸せになろう」頷く

真実の時

 

 

鮮やかなブルーのシャツ

胸に向日葵の花

涙ぐむあなたの

可愛らしいその笑顔

胸に刻んで

そろそろ思い出にしよう

さようなら 愛した人

さようなら 祝福の時

 

 

永遠を夢見た…

それは瞬きの時

 

 

***

 

 

ファンクラブ春号の音源ができましたニコッ

 

4月中に送りたかったのですが

音源作りに時間がかかちゃって汗

 

今回もファンクラブ限定CDを送ります

 

歌詞を上に載せている「瞬きの時」と

「青空」という歌です

 

この「瞬きの時」という歌

どんな物語を想像しますか?

私が思い描くものと違うのかな

どんな風に受け取ってくれるのか

楽しみな歌でもあります

 

 

ファンクラブ限定の歌も聴きたいなって方

ぜひファンクラブにハート

 

 

ファンクラブ『チャムONEピース』

春夏秋冬、歌と絵が届きます

 




IMG2.gif大丈夫じゃないよ

 

音楽配信サイト退会のため、音源が聴けなくなっています

歌詞だけ残しておきますね

2017.8.3 追記

 

 

新しい年が始まったのでき

 

新しいCDから1曲アップします

(2017.2.7発売予定

 もうすぐ詳細アップします)

 

コンサートで歌う度に

「CDがほしい」と言って頂いて4年

やっと音源になりました

 

今までにないロックな感じのアレンジ

すっごく気に入っていますハート

 

 

 

大丈夫じゃないよ

 

誰にも頼らない

強い人になりたい

いつでも笑顔の人でいたい

 

くたくたになるまで

毎日を繰り返し

突然現れた愛深き人

 

そうだった

私は泣きたかったんだ

 

大丈夫じゃないよ

言ってみても良かった

迷惑かけてみても良かった良かった

今からでも遅くない

あなたに聞いてほしい

大丈夫じゃないよ

ねえそばにいて

 

 

追い込む自分より

見守る方が辛いかも

同じぐらい

それ以上もある

 

思いは眼差しや行いに現れる

静かで揺るぎない信頼の人

 

そうだった

私は泣きたかったんだ

 

大丈夫じゃないよ

見ないフリをしていた

何を大切に心を置き去りに

私の体がやっと安らいでいる

頑張ってきたよね

涙が溢れてる

 

そうだった

私は愛されている

 

大丈夫じゃないよ

言ってみてもいいかな

迷惑なんかじゃない

深まるものがある

一人ぐらいいいよね

弱い自分見せても

大丈夫じゃないよ

ねえ抱きしめて

 

 




IMG2.gif君と僕の今を ♪ 歌詞

明日のコンサートのことを考えていて

ふと『君と僕の今を』

を歌いたいと思った

 

歌詞がどこにあるか

探さないといけないぐらい

久しく歌っていなかったんだな

 

歌詞をここに載せようと思って

でもメロディがあっての歌

メロディがあるからの良さを思う

 

あっ、そっか

詩だけじゃなく

メロディも大事なんだな

と当たり前のことなのだけど

そう思える自分が嬉しい

 

大切な私の作った歌

 

詩とメロディ

やっぱり歌として届けたい

 

自己否定はいつの間にか

少しずつ減って

大切や大好きが増えている

 

 

***

 

 

『君と僕の今を』

 

僕は夢を見た

君の夢を

君が走る 

満足の顔

 

早く早く

あの河原を走る

君が走る 

柔らかな風

 

どうしたって

君に追いつけないよ

どうしたって

君の愛にかなわないよ

 

だから そう 

君と僕の今を

毎日を一瞬を大切に

どれだけ大切にしても

足りないんだ

避けられない

一つの終わりは来るから

 

 

連れ出そう 

君を腕に 

力を抜いて 

僕にあずけて

 

温かい君の身体 

僕に馴染んだ 

君の体温

 

どうしたって 

君は先にいってしまうよ

何があっても 

最後までそばにいるよ

 

そこに君がいて 

僕はここにいる

その肩に降る

桃色の花びらよ

どうか君の未来へ降り続け

新しい世界はまた

君を祝福するだろう

 

だから そう 

君と僕の今を

毎日を一瞬を大切に

どれだけ大切にしても

足りないんだ

毎日を

君と僕の今を

 




IMG2.gif大きな流れの中で ♪ 歌詞

IMG_6152


大きな流れの中で

大きな大きな流れの中で
こまごまこまごま
私達は考え生きている

悲しみ 喜び
揺れる間に
昨日と明日を
揺れる間に

葉っぱの傘と葉っぱの船と
木のゆりかごと木漏れ日と
地球に愛されここに
私達は生きている


大きな大きな流れの中で
あれこれあれこれ
私達は感じて生きている

ぶつかり進み 
浮き沈み
止まったようで
揺れ続け

葉っぱの傘と葉っぱの船と
木のゆりかごと木漏れ日と
地球に抱かれここに
私達は生きている

小さいよね 悩みなんて
大きな流れ いのちの流れ
なんとかなるさと今を
笑いながら生きていこう





大分でのコンサートの日
自分の変化を感じました

そしてその後
それを確認するような出来事もありました

以前なら
自分を責めて
生まれてこなきゃ良かったんじゃないか
そこまで思ったりしたこと

でももうそんな思いは湧いてきませんでした


私の歌や言葉で
楽しかった
あなたで良かった
ってたくさんの人が笑ってくれるから

私を本当に愛してくれる人がいるから


そんなことをブログに書いていたら
この『大きな流れの中で』の歌詞が
頭の中を流れてきたので載せました

良い歌詞だなあ


この歌も音源を作りたいなあ





写真のサルスベリは実家のもの
サルスベリを見ると祖母を思い出します

あちこちに
「サルスベリ」と震えた字で書いたメモがありました

きっと庭のサルスベリを見て
短歌を書こうと思っていたんだと思います

思い出は優しく
あちこちに散らばって
私を切なく、だけど幸せに
今でもしてくれます

 




IMG2.gifキレイになりたい ♪ 歌詞

最近、恋愛の歌を歌いたいんですよね〜

人権コンサートで、恋愛の歌はどうかなと
今まであまり歌わなかったのですが
歌ってみたら、みなさんの反応も良くてですね

明日のホタルと銘茶まつりでは
恋愛の歌を多めに歌ってみようと思います

そこでCD『恋を歌う』を聴いているのですが
悪くない

キュン、キュン


この歌たちができた頃や
CDを作った頃より
出来ることも、知識も増えて
気になる部分もあるけれど

それ以上に
今では書けない歌詞
この初々しさ
なかなか良いんですよね〜

明日、歌おうかな〜って思ってる歌です


キレイになりたい

あなたのためにキレイになりたい

ピンクのキャミソール買ってみたり
髪を束ねてうなじを出してみたり
ドキドキしてよ
もっと好きになってよ

あなたを待って夕飯を作る
新しいエプロン気付くかな
「オレのSunflower」
メールが入る
「愛しているよ!Sunflower」


頑張り過ぎて体を壊す私
励ましではなく
まして責める訳でもない
「分かっているよ
 大丈夫だよ オレがいるよ」
そんな言葉をきっと待っていた

あなたを想い
あなたを歌えば
あなたがもっと好きになる
歌が歌えて得したなって
あなたがくれたSunflower

あなたのためにキレイになるから
毎日ストレッチ欠かさないし
ババシャツなんて絶対着ないし
だから時々可愛いって言ってね!

 

2003年制作

CD『恋を歌う』2009年収録

26297272

 




IMG2.gifさようなら ♪ 歌詞

1204-6


明日のコンサートの選曲中です
最近、具体的な情景が入った歌をもっと歌いたくなっています

すっごくすっごく久しぶりのこの歌
…というか、コンサートで歌ったこと、あったかな

ピアノを作り直して明日、歌います

あ〜ある、ある
あったな〜そういいのって
ちょっと切なくなってもらえたらいいな


***


さようなら

そうちょうどこんな寒い日だった
小雨に霞んだ駅は
知らない場所のように
冷たかった

本当の気持ちも
優しい嘘も
何も言えないまま
ただ頷いてた

バックミラーに小さくなる細い肩
さようなら
言えなかったさようなら
この隣の席にあなたはもう座らない
そんなことで涙が止まらなかった
さようなら


すべてを捨て去る
勇気がなかったから
あなただけが悪い訳じゃないよね

 

「泣くんなら帰れ」
部屋を飛び出した
荷物まとめるあなたを一人残して

まだこんなに…
こんなにあなた好きだから
涙よ どうか枯れてなくなれ
いつの間にか優しくなった目つきも
いつの間にか移ってしまった口癖も
まだ愛しい


さようならのEveに崩れ落ちたのは
私じゃなくて強いあなただったね

「うさぎになった」
真っ赤な目のあなたが
私の部屋のドアを叩いた

たった一度見せてくれた弱さを忘れない
きっとずっと忘れない

子犬のように甘える朝の顔も
髪を撫でる切ない顔も好きだった

遠回りの道も
くだらないジョークも
右端のくわえタバコも
奇麗な指も
さようなら
 




IMG2.gif咲かせよう ♪ 歌詞

0730-09

咲かせよう  作詞作曲:染矢敦子

空 
大地 
蓮の花
泥の中から凛と咲く
ポンと開く

わかってもらえないとか 
もうどうでもいい
我を手放し 
近づきたい

咲かせよう 
咲かせよう
闘いぬいた
このいのち

内なる光と闇が
輝き調和する


共に行くもの 
授かるもの
泥の中から
救い出し

洗い流す

自分には無理なんて
もう思わない
何かを言われることを
もう恐れない

咲かせよう 
咲かせよう
ゆずり 
ゆだね 
育もう

宝箱を広げ 
可能性を解き放つ


連なる根のように
広がっている
力を蓄え 
実を結ぶ

咲かせよう 
咲かせよう
まずは自ら
花になろう

咲かせよう 
咲かせよう
ゆずり 
ゆだね 
育もう

咲かせよう 
咲かせよう
闘いぬいた
このいのち

内なる光と闇が
輝き調和する

***

最近よく頭の中を流れています

今日も歌おう

 




IMG2.gif電話をありがとう * 染矢敦子

1107-03


たまにはこんな恋愛の歌もいいでしょ



電話をありがとう 


毛布にくるまって
落ちる雫 見てた
ベルの音が現実に帰す

膝を抱えて受話器を握りしめる
懐かしい声
待ち続けた声

ねえ 話し方が変わったね
今 あなたのこと考えていた

突き放す優しさをくれたのに
忘れられなくてごめん
今日は電話をありがとう


冷たい言葉に何度も何度も泣いた
そばにいても遠い人だった
「いつか本当の恋に出会える日まで
 自分を大事にしろ」と言ってたね

ねえ あれは恋じゃなかったの?
「まだ一人か?」なんて聞かないで

天気予報
あなたの町の空を今も気にしてる
バカね

突き放す優しさをくれたのに
忘れられなくてごめん
今日は電話をありがとう



作詩:染矢敦子 作曲:池田進治

1998年発売のCD
『うれしい時の顔』に収録されています

26297234



 






prof.jpg

      



New Album やさしい風ダイジェスト
CD詳細ページ



だいじょうぶ だいじょうぶ


三輪車としっぽ


からださん、ありがとう




banaFUN2017 17.59.37.jpg


お問い合わせ.jpg
コンサート・講演会のご依頼
お問い合わせは、こちらからお願いします
音響機材、スタッフ同行可能です
お気軽にお問い合わせください



categories


archives


search this site.


Link

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM