IMG2.gifくるっと

あっ、今日、生まれた
そんな感覚になった日が数日前にありました


Singing is my life.
I was born to sing.

歌ってる時だけが
生きてると感じられる時だった

歌ってる自分が輝いていられればいい
歌のための日々でいい

そんなことを思っていたけれど
ふと思ったんです

歌うための人生ではなく
自分を許したり楽しんだり
誰かのためにもなる為に
歌があるんじゃないかと…

歌が中心ではなく
歌は一つのツール
だけどとてもとても大切なもの


くるっと自分の心が回転した感覚
生まれなおした、そんな感じ


不思議です
こんなことを思うなんて


歌のためになっているか
それが基準になっていて
無駄なことも省こうとしてきた

たぶん、歌で生きていくと決めて
時間や思いをそこに注がないといけないと思ったことと
「何の為に」という理由が行動には大切だと思ったから

それがないと成し遂げられない
手に入れられないものがあると思った

それはそうなのかもしれないけれど
そうではない場合もあって
人や時と場合にもよるのかもしれない


今まで越えられない壁と言うか
変えたいのに変えられないものがあった

違うことをしないと
自分のままではダメだと思っていたけど

 

自分自身に戻ることが

その壁を越えることになるのかもしれない

ふとそんなことを思う

 

これが正しかったと分るのは

また時間が経って

ふとした時なんだろうな

 




IMG2.gif歌を作り始めたきっかけ

IMG7_0014


自分に歌が作れると思ってなかった

詩を書くのは好きだったけど
曲なんて作れるわけないと思ってた

まだ十代の頃
バイトの雇い主の女性が
とてもかっこ良くて憧れていた
名前も漢字まで私と同じ
海外にもコンサートを見に行くくらい音楽好き

その彼女が言った言葉
「歌?作れるよ!簡単よ」
そして作ってみた1曲目から26年、310曲

面白いものだな
こんな短い言葉が人の人生を変える


そんな風に
さらっと誰かの背中を押してあげられる人に
私もなりたいと思うし

そうなんだ、やってみよう
ってすっと一歩踏み出せる人でありたいと思う
 




IMG2.gif大きな丸

0518-1


コンサートの後
海で写真を撮っていて
上を向いたら
太陽の周りに大きな輪っかが出来ていました

キレイ〜

『コンサート大成功!これでいいんだよ』

って、大きな丸をもらったような
そんな嬉しい気持ちになりました


0818-2


自信満々な訳ではないので

お客様の言葉や笑顔ももちろん
こんな自然の現象にも元気をもらえます


0518-3


体調が悪くて、なかなか治らなくて
気分が沈んでいってる時
テレビをつけると、アンパンマンをやっていて

「笑顔だよ!笑顔!
 僕は君の笑顔だ大好きなんだよ」

そんな台詞が流れました

あっ、そうだよね
笑顔♪

すぐに笑顔になって
気持ちも明るくなっていきました


0518-4


ふとした場所に
心を軽く、明るくしてくれるものがある

やっぱりこの世界は美しい


0518-5


私の歌や言葉も
そうであったらいいな


0518-6

 




IMG2.gif無駄を省くことと、無駄などないという考え方

CA0507_32


無駄を省く

人生に無駄なことはない

経験して思う
どっちも正しいんだ

反対に見えることもどちらも正しい

正しいってちょっと表現が違うかな
その時々で大切な考え方


歌を仕事にすると決めて優先順位を決めて
しなくなったことも多い
時間のほとんどを歌を作ることと
コンサートをすることに費やしたいと思ったし
そうでなければいけないと思っていた

無駄だと思ったからではないけれど
細かく一つ一つの音にこだわることよりも
溢れてくる言葉やメロディをどんどん歌にしていきたかったし
一つでもコンサートをたくさんしたいと思っていた

その為にたくさん人に会った時期もある


今は、あまり人にあわず
自分の音、細部を見つめることをしている

それはものすごい時間がかかることで
毎日、時間が全然足りないし思うようにできない
なかなかOKが出せず、毎日、繰り越し
でも新しい感動がたくさんある

本当は趣味の時期に、大好きすぎて
とにかくずっとしていることなのかもしれないけれど
私にはそれが今、来たみたい


はぶいたことがあるから今、呼んで頂くコンサートがある
だから順番はちょっとおかしくても、やっぱり無駄ではなかったと思う

基礎が大事
感覚や直感が大事
その両方も本当で、続ける間にはどっちの時期もあり
その両方を通らないと見えない世界もあるんだろう
今ならそう思う


手のケガをして、日常を丁寧に生きることも覚え
夫との暮らしの中で、遊びや気を抜く時間の大切さも知る


無駄を省く
人生に無駄などない

面白いな
対極にありそうなもの
どっちの考えも今の私を作っている
どっちも大事


さてと、今日も音に向き合おう






IMG2.gif歌や犬に誠実に

ライブカード5のコピー

先日コンサートをした公民館の主事さんからの驚きの言葉

「実は…染矢さんのコンサート見たことがあるんですよ
キレイな声だね、いつか呼びたいねって
その時にもらったしおりを大切に持っていたんです」

すっと机からそのしおりを出して見せてくれました
それがこのしおりです

嬉しすぎて、うるうるでした


その出会いの場所は、なんと星の花公園
福岡市と八女市
車で2時間ぐらいかかる場所です

ダリア祭りとおっしゃってたので
2011年のコンサートだと思います


旧ブログライブレポート
2012.5.3 星の花公園
2012.4.27 星の花公園

2011.10.23 星の花公園


この星の花公園のコンサートは
色々思うことも多く、いつかまた絶対歌いたい場所です

そして、この星の花公園のコンサートは苦い思い出もあるんです
「聞くに堪えない」と衝撃の一言を言われたんです

ある人には聞くに堪えない歌
ある人にはキレイで、また聴きたいと思う歌

あの日、大泣きをした私が救われていく想いです


最近こんな風に
数年前に一度コンサート見ていてとか
染矢敦子さんに任せてたら間違いないって聞いてますとか
染矢さんがいいです!とか言って頂いて
コンサートに呼んで頂くことがよくあります

そうなの?
私のコンサートってそうなの?
って自分ではよく分らないけど
そう言われる度に感激しています


人は十人十色だし
依存ってものがあるから
対象にするのは難しいけど
『歌や犬に誠実に』
それを心がけてれば人にも誠実なはず
そう思って
一つ一つのコンサートを大切に歌ってきました

それはもうしんどい時もたくさんあったけど
良かったな、続けてこれて良かったって思います

歌を好きでいてくれる方々
応援してくれる方々
呼んでくれる方々がいてくれたから
一人じゃなかったから

すごくすごく嬉しくて
これからも続ける力をもらいました

 




IMG2.gifまだ遊びたい

IMG_0983
Photo:コンサート直前、緊張からテンション上がって踊り出してる様子です


『まだ眠くな〜い
 もっと遊びたい』

夫に言った自分に驚きました

特に遊んだという一日でもなかったし
子供の頃にも言ったことのない言葉だったから


遊ぶこと
楽しむこと
とても苦手な私でした

べきと禁止
たくさんありました

もちろん人生には
しなきゃいけないことも
してはいけないこともあるんだけど

自分で勝手に決めた
べきと禁止を少し緩めました

自分で自分に罰を与えるような日々に
「楽しもう」と言う言葉を付け加えました

自分であることを
自分の人生を楽しもう


あっ、そうだ
・プロが本気で遊ぶ
・地球は遊び場
妙に心に響いた2つの言葉を
今、これを書きながら思い出しました
 

 

少しずつ、本当ゆっくりだけど
人って変わっていけるんですね

諦めなくて良かったって思います

全国に歌を届けに行く
その夢も一歩ずつ進んでいるかな

週末は初めての四国コンサート

出会いがあって
動いてくれる人がいて
今がある

有り難いです

**

いつもそばに 作詞作曲:染矢敦子

僕たちは幸せになるために生まれた

いつもそばにいたでしょう
いつも一人じゃなかったでしょう

寂しくなったら思い出してね
僕がいるよ
愛しているよ


ちょっと頑張って笑ってみよ
そしたら楽しくなるからさ

愛されたいなら気にしないこと
悩みすぎると苦しくなるよ


僕たちはどんな時も楽しんでいいんだ
明るく心軽くあなたらしくあればいい

いつもそばにいるでしょう
いつも一人じゃないでしょう

悲しくなったら空を見上げよう
あなたはいつも愛されてるよ

僕たちは幸せになるために生まれた
大丈夫 大丈夫
いつもそばにいるからね



3年前に作った歌だけど
今の自分にぴたっときます
 




IMG2.gif中学生のように音楽を聴く

IMG_7060


年末にずっとほしかった
パソコン用のスピーカーを買いました

音がいい〜快適です

音楽をやってる人の家に
パソコンのスピーカーがないなんて
そもそも、それがおかしいのですが

(Tさん☆頂いたスピーカーはライブ用に使わせて頂いてます)

なかなか、なかなかですね
音楽で生きて行こうと決めてから
本当、必要最低限のものしか買えなくてですね


結婚もしたし、最近お仕事も増えて
少しずつ色々とそろえているところです


そのスピーカーを買う時に知った
定額の音楽聴き放題を試してみてるのですが
それも、ま〜良くてですね〜

もしかしたら学生以来じゃないかってぐらい
毎日、音楽がお部屋に流れています

音楽を聴くことも歌うことも大好きで
中学の時に「歌を歌う」と決めたのですが
大人になって
音楽をあまり聴かなくなってたし
積極的に新しいものに出会おうともしてなかったと
少し今、反省をしています


実家はかなりの田舎で
テレビチャンネルも少ないし
ラジオも入らないし
年上の音楽好きもいなかったし
聴く音楽の幅は広がりませんでした
それでもいつも音楽を聴いていたんですよね

そういえば…うちの実家は
ご飯の時はテレビをつけないし
子どもの頃は、テレビは9時までって決まってたんです

だから中学生になってひっそりと
夜中に見ていたミュージックビデオの番組が楽しみでした

そこから好きな歌を見つけて
お小遣いをもらったらCDを買ったり
レンタルしたり

そういえばレンタルで思い出したのですが
子どもは会員になれないので
初めてレンタルのお店には父と行きました

当時、父はサングラスをかけると
渡哲也さんにそっくりで(西武警察とかその頃の)
店員さんが怖がってたんですよね
しかも店員さんは親戚で(大好きなおばあちゃんの方の)
なかなか会うこともないお姉ちゃんだったのですが
そこで関わりができたことで
お姉ちゃんのおうちで生まれた子犬をもらうことになったんです

それが歌にもなっている『チャム』


子供1


チャムがおうちに来る日はそのお店で待ち合わせ
チャムはレジカウンターにころんと乗っていました

懐かしいこと
スピーカーのことを書こうとして思い出しました
なんだかますます幸せです


話を戻すと
夜中に見ていたのはミュージックトマトJAPANって番組だったと思います
日本の歌ばかりが流れていました
そういう環境だったので、洋楽はあまり聴く機会がありませんでした

大学になって少し教えてもらって
福岡に来てもまた少し教えてもらって
でもミュージシャンにしては
聴いてきた音楽はとても少ないですね


今やっと
日本じゃない音楽や
あまり聴いてこなかったジャンルに出会って
自分の中の「好きな音」が増えていっている気がします


必要最低限で工夫をして
自分にできることを頑張る
その時間も大切だったけど

心地よい音で聴けること
新しい音楽を知ること

環境を整えるのも大事だなって
今更、思っています


いろんな時期があり
すべて大切な私の人生です

 




IMG2.gifなんでかなって考えること

IMG_6728


昨日レッスンで
「なんでかな?って考えることが大事」
って先生が言っていました

ぐっとくるものを作ろうとしてもできない

音楽を聴いていて、ぐっときた時
なんでぐっときたのかなとか
なんでここ好きなのかな
そんな風に考えることが
いつの間にか自分の音楽に反映される
って話なのですが

音楽以外にも当てはまりますよね


なんでかな?って考えること

これ、私は本当よくしています
しつこいくらい考えます

なんで上手く行かなかったか
なんでそんな思考回路になったか
なんで上手く行ったか
なんでけんかしてしまったか
今、なんでこんな気持ちになってるのか
もうありとあらゆること…

もともとの性格か
大人になってからかは分らないけど

自分を変えたかったし
現実をよくしたかったから
理由を知りたかった

行動や目に見える結果のもっと前
根本的なことを知りたいと思う

かなり面倒くさい性格ですが
それが今、いのちのコンサートやお話会に
役に立ってるんですよね〜

けど、音楽を聴いていて
ぐっときた時や好きだなって思った時
「なんでかな?」って
考えたことなかったなって思いました

今日からやってみよう

**

写真はRoomsコンサート
リハーサルの写真です

 




IMG2.gif私の欠点

CA0522_04


コンサートの打ち合わせの時のことです

いろいろお話をしていて

「何か良い事がないと幸せと思えないけど
 本当は何もない日が幸せなんですよね」

そんなことを私が言うと

「私…別に不幸ではないけど
 幸せでもないって最近思ってました
 毎日もやもやしてて
 それを子どもにも言ってしまいました」

って話してくれた方がいらっしゃいました

そっか、そんな方は多いのかもしれないですね


「朝、目が覚めた…幸せ
 ご飯が食べれる…幸せ
 歩けること、見えること
 子どもや家族がいること

 自分にとって当たり前のようなことに
 感謝を数日でいいのでしてみたらいいかもです
 きっと表情も変わって
 気持ちも変わってくると思いますよ」

そういって、その方をハグしました

「やってみます
 今日会えて良かった
 ありがとうございます」

と涙ぐんでくれました


日々いろいろあって
いつもって訳にはいかなくても
私と会ったり、ブログを読んだり
歌を聴いてもらったり
コンサートに来てもらったり

その時間だけでも
当たり前のような日々がどれだけの幸せか
思い出してもらえたらいいな
そんな風に思っています

できてるよ
と、その瞬間を見せてもらえた
貴重な時間になりました
良かった、良かった…帰りの車で泣きました



私はちょっとおかしいんだろうな
って最近思います
小さなことに感動する、傷つく
当たり前でしょと言われることに
一々感謝をして、涙ぐんでしまう

心がすごくすごく動く

ある意味、一つの欠点

この感じすぎる性格が
私の人生の多くの苦しみを生み出してきた

見なくていいもの
感じなくていいもの
勘違いも多くあったと思う

もしかしたら最大の欠点

でも最高の宝物

これがあるから歌える
誰かの心を救えるときもある
励ますこともできる

そしてそれが今、私に返ってきて
私をどんどん幸せにする

小さなことも感謝できるって
才能かもしれないと思えるようになった


笑えない子どもだった
そして今、笑顔をほめてもらえることが増えた


欠点が誰かの役に立つ

来年ももっともっと歌を届けにいこう
日常の幸せ、思い出してもらえる歌を歌っていこう




『幸せの形』 作詞作曲:染矢敦子

幸せの色って何色?

空の色?
みかんの色?
桜の色?

幸せの形ってどんな形?

◯?
□?
△?
ハートの形かな?

幸せの匂いは?
クンクン
花の匂い?
土の匂い?
おばあちゃんのご飯の匂い?
お日様を浴びた
お布団の匂いかな?


幸せの広さってどれくらい?

空?
海?
宇宙?
おじいちゃんのおでこ?

幸せはいったいどこにあるの?

公園?
学校?
外国?
ドラえもんのポケット?

幸せの合い言葉は?

ワンワン
ミャオミャオ 
パオパオ
キー 
チュンチュン 
チュー

シェイシェイ
ダンケ
メルシー
サンキュー
オブリガート
ありがとうかな?!

幸せの秘訣は?

スマイル!スマイル!
ニコニコ
ケラケラ
ニヤー
ワッハッハ

一人が笑えば
みんなも笑う
まずはあなたから
さあ笑って
ハッピーになろう♪

 




IMG2.gifネジ〜歌いたい、それだけを続けてきた〜

CA1208_13


レッスン後、先生たちとの話がいつもとても楽しいんです
先日のレッスンでの話です

音楽を長い間、続けてこれる人は
ネジがどこか取れてる

染矢さんも取れてる
自分も取れてる
ってみんなで大笑いをしました

先生は30年、私は25年
親に勘当されたり
ひどいこと言われたり
不安定やお金のことや
音楽を続ける間には色んなことがある
続けることってなかなかできることじゃない
ネジがとれてるぐらいじゃないと続けられないって…
そうかも(笑)

ネジが取れてるって
悪い意味に使われることもあるけど
それを笑い飛ばせる環境が楽しくて
逆に自分を肯定されている気がするんですよね


なんで続けてこれたのか
今となってはよく分りません
苦しかったし
人の反応をとっても気にしてきたけど
くじけなかったんですよね
いつの間にか25年
やっぱりネジが外れてたのかな


ふと思うのですが
「歌いたい」それだけだったから
良かったのかもしれません

歌手になりたい
デビューしたい
それが夢ではなくて

ただ中学の時に決めた
「自分で書いた詩の歌を歌う」
ただそれだけ


家を出ないと歌えないと思った
家を出るには国立の大学に入るしかないと思った
だから勉強をした

大学に行けばやっと自分の人生が始まる
歌う、恋をする
そんな思いでする勉強は楽しかった

就職は歌える場所を選んだ

転職の時の面接で
「私は歌ってます。週に一回程度ライブをするので、その日は残業をしません」
そんなことを言ってた時期もある
歌えないなら辞めるから、先に確認しなきゃ
時間の無駄と思ったんですね

今、思うと
なんてこと言ってたんだろうって思うけど
若かったんでしょうね〜
それでも受かって、ライブ活動をしながら
専門学校で講師をしていた時期があります

それが私の最後の就職かな


歌だけで生きて行くと決めたのは2005年

その為にノルマ制のライブハウスで歌うことを止めて
少しでもお金を頂ける歌う場所を探した
カフェやレストランや、施設、学校を回ったり
友人、知人にお願いしたりしていました

今、思うと本当よくやったなって思うけど
その時があるから、今の私があります


友人と歩いていて見つけたお店に
「歌わせてください」とお願いをして月一で歌っていた頃
そこの従業員の方が紹介してくれたのが高取公民館さんです
そこで館長さんが言ってくれた
「あなたの歌は人権にぴったりね」
その一言から人権やいのちのコンサートが始まって
いま県外にも歌を届けに行けるようになっています


「歌はいりませんか?」
初対面での私のその一言を拾って
お祭りで歌わせてもらったことがきっかけで
もう何年もコンサートをさせてもらってる若宮商店会さん
司会やお店紹介のリポーター、テーマソングも作らせてもらいました
そこから広がったコンサートや歌制作や人との出会いは
一つ一つ書くと長〜くなるくらいたくさんあって
まだまだ広がっていっています
夫との出会いもそこからでした
それを思うともあの一言から始まった広がり
私の人生を大きく良い方へと変えていってくれました


あの必死で、無謀な時期があるから今があります
辛い思いももちろんたくさんしたけど
温かい方々に出会えてる私は幸せだなって思います

ネジがとれた私で
続けてこれて良かった

また一つ自分を好きになれました
ありがとう
いっぱいいっぱい、ありがとう







prof.jpg

      



New Album やさしい風ダイジェスト
CD詳細ページ



だいじょうぶ だいじょうぶ


三輪車としっぽ


一期一会




banaFUN2017 17.59.37.jpg


お問い合わせ.jpg
コンサート・講演会のご依頼
お問い合わせは、こちらからお願いします
音響機材、スタッフ同行可能です
お気軽にお問い合わせください



categories


archives


search this site.


Link

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM