IMG2.gifおじいちゃん、おばあちゃんはすごい

CA0522_15


自分のおじいちゃん、おばあちゃんが
大好きだからかもしれないけど

おじいちゃん、おばあちゃんってすごいなって思う

おじいちゃん、おばあちゃん
って言い方はおかしいのかな
年上の人って言ったらいいかな

年齢、年月ってやっぱり敬うものだと
私は思うんです

個々の違いもあるし
若いからダメということではなくて

苦しいことも
悲しいことも
別れも
理不尽なことも
流れて行くその時代のいろんなもの
たくさんたくさん経験している

自分の年齢だって
心壊れそうな思いを何度もしていて
だけど私よりも
たくさんたくさんそんな経験して
乗り越えている

すごいんだよ
本当すごいなって思う

 




IMG2.gifすみませんより、ありがとう

CA1025_30

ずっと前のことですが
コンサートを開催して頂いた場所で
ご予約のお客様がやってくる度に
「今日は、すみません」
とお店の方が言っていたことがありました

集客、大変だったんだろうな
無理矢理お願いして来てもらったのかな
謝らないといけないくらいの歌なのかな

でもそうじゃないよね
謝ってる訳じゃなくて口ぐせかな
歌に集中しよう
来て良かったって思ってもらえるコンサートをしなきゃ

そんな感じでいろいろ考えてしまって
なんだか心がちょっぴり辛かったです


たぶん
言われる方も
言う方も
これから歌う私も

「すみません」を「ありがとう」に変えたら
みんなもっと気持ち良いんじゃないかなと思いました


私自身、すぐに自分が悪いって思う方なので
すみませんって言っちゃうこと
きっと多かったです

「すみません」より「ありがとう」

それから、気をつけるようになりました

ちょっぴり辛かったことも
有り難い経験ですね





IMG2.gifただそこにいること、それに救われる

つらくて泣き崩れた
犬達は少し間を置いてやってきた

ママ、だいじょうぶ?じゃなくて
そこはキッチンだったので

おやつ?って
しっぽを振りながらやってきて
寄り沿って喜んでる
その無邪気な姿に
心が一気に温かくなる


時々思い出す逝ってしまった人
引き止めることができなかった
私の存在を時々責める

でも犬達を見て
ふと思う

その頃、まだ小さな子供で
こんな風にただ無邪気にしていた私も
温かい気持ちを、愛する気持ちを
あげれていたんじゃないかな

いなくなった事実だけだった
だけど
私が抱える苦しみや空しさ
いら立ちや悲しみ
もしかしたら
とても似ているのかもしれないと気づく

ただそこにいて
私を見てくれる
寄り沿ったり
甘えたたり
ご飯を食べたり
ことこと歩いたり
寝てる姿も
そんな「ただ」ということに救われること
 




IMG2.gifど真ん中の大事な部分


今では滅多にないけれど
意見をしてみた
もしかしたら否定的な
相手を不快にさせるかもだけど
言っておかないと進めなかったから
言ってみた

慎重に言葉を選んで…

そしたら真っすぐな答えが返ってきた

私もまた真っすぐに返した
ありがとうの言葉と一緒に

そのまた返信には
こちらこそ率直な意見に感謝してると書いてあった

あっ、良かった
言って良かった
相手と自分の思いを信じて良かった


自分がど真ん中で大事に思う部分は
相手にとってはどうでもいいことも多い

最近、生きづらさを感じなくなったのは
そのど真ん中の大事な部分を
一番、身近な夫が大事にしてくれて
今、音楽制作で関わってる人たちも
彼ら自身が大事にしている部分でもあるからなんだと思う

私以上に分ってくれていたり
触れないでくれる大きさも持ってる人たちに囲まれて
私は幸せだなあと思う


昔、関わった人と久々に会うと
自分自身がダメなやつだとどんどん思えてきたりする

帰って夫に話すと
それはただの違いで
自分を責める必要なないことに気づける


それでも今回、長い間関わっていない人でも
ど真ん中で何かが通じ合えば
理解しあえることもあると気づく


自分を信じる
相手を信じる

違うようで同じものかもしれないな
言葉を交わしあうことでは…
 




IMG2.gif干渉しない優しさ

0406_1


うわさ話
そこにいない人の悪口
○○さんがあなたのこと、こんな風に言ってたとか
そういうのに心を乱されて、落ち込んできたなって思う
今より若い頃

最近は
本人ではない人の言葉より
私が直接会った時、関わった時
感じることを大切にしようと思う

テレビやネットでも多いな
今日はネットもテレビもやめておこう

間違いはみんなあるし
人に見せずに日々頑張っている

人を励ましている人
いつも笑っているように見える人も
抱えているものがある

干渉しない優しさ
そんなことを思う

まだ子どもだった頃
口にすることが正義だと思っていた時期がある
傷つけた大切な人、思い出す


干渉しないということは
何もしていないように見えるけれど
大きな愛の場合だってある

見守る
待つ
その難しさと温かさ

振り返るといつも見守る愛があったことに気づく

それができる人
そしてそれを感じられる人でありたいな





IMG2.gif自分を気持ち悪いと思う原因

CA0507_26


いつものような時間や会話や
けんかをしたり
写真を撮ってもらったり
それを一緒に選んだり
夫と過ごす連休の中で
気づいたことがありました

私は自分の写真をネットに上げたり
チラシに使う時、夫によく聞いて
その度に軽く怒られることがあります

「私、気持ち悪くない?」

その言葉がどこから来るのか分らなかったのですが
今回、撮ってもらった写真と2人の会話で、ハッとして
記憶がよみがえってきたんです

子ども頃いじめられていた時期があります

母が方言を使わなくて、私も方言を使わなかったのですが
それで「ぶりっこ」と言われるようになって、そこからいじめ、無視に発展していきました

小さなことで標的を見つけて、いじめる
また次のターゲットが決まると、そちらに移動していく
私の子どもの頃のいじめはそんな感じで、テレビなどで取り上げられる程ひどいものではありませんでしたが、それでも苦しかったですね

子どもの頃、母の好みで
私はフリルのブラウスや、ふわふわのスカートをはいて
髪も長く、毎朝、母に結んでもらっていた優しい思い出もあります

その格好も「ぶりっこ」に映ったのかな
いじめていた方の本当の気持ちは分らないけど
そんな経験から「ぶりっこって思われないかな?私、かわいこぶって気持ち悪くないかな?」そんな思考が生まれたんだと思います

大学になって髪を短く切って、お化粧もせず、いつもTシャツにジーパン
今では大好きと言えるけど、ピンクやキラキラ、かわいいものも苦手
時々むくむくっと湧いて来る自分の女性っぽさへの嫌悪感
食べることへの罪の意識もそこから来ているのかもしれません

拒食症とまではいかないけれど
そういう症状には、女性になっていく体への反抗みたいなものがあると、どこかで読んだことがあります

あ〜なんとも重い内容になっていますが
気づくことは、大きな大きな一歩で
私の心はまた軽くなっていくんだと思います


人の印象は様々
思いも寄らないことも多い

私を「暗い」と言う人もいる
「あなたは、いつも元気やね〜」って言ってくれる人もいる

どう見えても、私は私なんだもん
やっぱり自分がどうなりたいか、なんだろうなあ♪





IMG2.gif自分が大嫌いになる日

0406_10


自分が大嫌いになる日
何もしたくなくなるけれど
それでも、することをする

お掃除やご飯や仕事や
日常のこと

運動や趣味や
自分が決めたこと
楽しいこと

時にはいつもしないこと

そういう何か行動していると
自分が嫌いを忘れていく

嫌いなとこはあっても
ちゃんとできてることもある自分になる


自分が嫌いな時って、私ならではの表現だけど

自信を無くした時
やる気がでない時
悲しい時
悔しい時
むなしい時
けんかした時
上手く行かなかった時

そんな何もしたくない気持ちになる時
やっぱり行動なんだなって思う
自分でできる小さなこと

最初ちょっとだけ無理をしてやってみる
ちょっとだけ無理してても笑ってみる

嫌いってね
本当は好きだから出て来るんだと
私は最近思います

 




IMG2.gif節制がやる気をうばう?

CA1017_25


節制しようとするから
やる気がでないのかもしれない

ふと思った朝


なにかで読んだ情報
朝食は食べない方がいい
体のためと仕事の効率のため
それで私は何年か前から
朝ご飯を食べないようしてきたけど

パクパクって好きなもの
美味しいもの食べて
よし!今日もやるぞ!
ってそんな日があってもいいな

朝食は大事、または朝食は食べない方がいい
どっちの説もあるから
その日その日、自分の体と心で選べばいいかな


食べることへの罪悪感
私、持ってたんですよね
今はね、だいぶそんなことないけど
そのこともまたここに書いたり
いのちのコンサートで話したりしようって思います

『美味しく食べれるのは幸せなこと』
さいごに会った日
103歳のひいおばあちゃんがくれた言葉
本当に大切なこと、あの日言ってくれたんだなあ

今日も大切に食べて
大切に生きよう





IMG2.gifすぐに行動すること

「あ〜この人、誰だっけ?」
って思い出せないこと、ありませんか?

私は昨日あってですね

親しく話してたんだよ
良いイメージが残ってる
話したい、会えて嬉しい

けど誰だ?
服装が違う、制服だった
どんな制服だ?
その人のいた風景
真剣に考えたけど
思い出せなくて
車に乗って発進した途端に思い出しました

いくつもの楽しいエピソードがあり
品があって気配り上手で
優しくてユーモアがあって
私、大好きだった

ある場所の職員さん、私はお客でした
ある時からいらっしゃらなくて
他の方に聞いたら退職されたとのこと

お礼が言いたかったよ
なんで思いさせなかったんだろう
お世話になったんだよ
そんなことを
運転してる夫に話してたら
「戻ろう!まだいるかも」
って引き返してくれました

夫の優しさと
その方の思い出と
こんな偶然に会えたこと
いろいろと混じって泣きそうでした

いたらいいな
いたらいいな

…いらっしゃらなかったです


「お礼がいいたい。戻ってもらっていい?」
思い出してすぐにそう言ったら
夫はすぐに戻ってくれて、お礼が言えた

それが出来なかったのは
過去の記憶が邪魔をしたから

夫は過去に出会った人とは違う
まだまだそんなものに影響を受けているのですね


あと、すごく思ったのは
『すぐに行動する』ことの大切さ

今、今、その瞬間が大事なんだなって思いました

そしてそこは一ヶ月に一回は行く場所
お礼が言いたいって気持ちがあれば
また奇跡のような瞬間が訪れるかもしれないですね

そう信じていようと思います
もし会えたらまたここに書きますね


CA0417_1




IMG2.gif今、思うこと

IMG_3927

地震の被害のなかった私はいつもと同じように

明るく日々を過ごすことが一番だと思うのですが
インターネットやテレビで熊本の地震ことを目にする度
ものすごくつらくなるし、気づくと暗い気持ちになっていたりします

スマホから流れてきた警報を何度も思い出したり
まだ揺れているような気分になることも多々あります

そして色んな人の行動や
力強い言葉や
すぐに支援に向かった知人
自宅に向かい入れると言う知人

実際に行動している人たちを目にする度
すごいなって、温かいなって、思う反面
何もしていない自分を責める気持ちが湧いてきます

今つらい思いをしてる方にむけた言葉
私には思いつかないんです

支援に行くことも、受け入れも…さっと動く勇気、もってない
情けないですね
歌で何か、ってこんな時にすぐにできることも思いつきません

情報をSNSなどでシェアすることはすぐにできるけれど
正しい情報なのか、一つ一つ判断することができなくて、なにもできていません

だから募金をしようと思うんです
ちゃんと「ここなら」ってとこを探して…

世の中には支援を必要としているところが他にもたくさんあって
個人的に恩返しをしたい、しなきゃいけない人たちもいて
募金にも少しもやっとした気持ちが生まれるのですが
何もしないことが、またつらくて…

考え過ぎかな

あまり、私らしくない投稿かもしれないけど
同じ気持ちの方や
何もできない、しないことで自分を責めてる方が
もしかしたらいらっしゃるかもと書いてみます


あっ、もう一つ

私は二回目の大きな地震の時に
情報を…とテレビをつけたら
地震報道の合間に、猿やレッサーパンダや

動物たちの動画とのどかな音楽が流れて、心がふっと緩んだんです

テレビやインターネットにも温かいもの
笑えるものを探したりしています

犬達に触れたり
犬達がのんびり寝ている姿にいつも以上に癒されています

こういう時、不謹慎、自粛なども言われたりしますが
私は明日から

『ちょっとニコッとするもの
 何気ない日常の幸せ
 美しいもの
 愛おしいもの
 時々ハッとするもの

 ここに来れば温かい
 そんな場所を作りたい』

いつものブログに戻ろうと思います
ほんの少しでも、誰かの心を明るくできるように…
 






prof.jpg

      



New Album やさしい風ダイジェスト
CD詳細ページ



だいじょうぶ だいじょうぶ


三輪車としっぽ


からださん、ありがとう




banaFUN2017 17.59.37.jpg


お問い合わせ.jpg
コンサート・講演会のご依頼
お問い合わせは、こちらからお願いします
音響機材、スタッフ同行可能です
お気軽にお問い合わせください



categories


archives


search this site.


Link

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM